シーン別の着物

礼装と普段着

デートにおすすめの小紋は着物買取がおすすめです

着物を着なれていない方であっても、一度はしてみたいと思うのが着物デートではないでしょうか。特に、花火大会のような浴衣を多くの方が着る機会や、お茶会のような少しかしこまった場以外にも、少し歴史のある街並みを着物を着て散策し、昔ながらのお茶屋などで食事をとるようなカジュアルな着物デートに憧れている方も多いのではないでしょうか。

ところで、着物には礼装にあたる種類のものと、カジュアルな場に合うものが存在することについて多くの方はご存じないかと思われますが、上記のようにカジュアルに着物を楽しみたい方であれば、せっかくの機会ですのでカジュアルな普段着の着物の方が似合うものと思われます。

着物には多くの種類のものがありますが、カジュアルな普段着の着物の代表的なものが小紋です。この種類の着物の特徴は、着物の全体に細かい模様が入っており(それが名称の由来にもなっています)、訪問着や付下げなどの着物の場合は肩の方が上になるように模様が入っているのと異なり、上下の方向に関係なく模様が入っている点です。したがって、礼装または正装として着ることはできません。

もっとも、礼装として着られないからこそ、着物を着たことがない方でもあまりかしこまった気分にならずに着ることができますし、カジュアルな街歩きにも似合う着物のタイプともいえます。このタイプの着物は江戸、京都、加賀の3タイプに大きく分けることができ、それぞれ異なる模様づかいがなされています。

このような小紋は、その柄にも多くの種類がありますし、色自体も鮮やかなものから比較的落ち着いたものまで多岐にわたるため、自分に似合うものが見つかりやすいですし、似合ったものを見つける楽しみもあります。もっとも、他の着物の場合も当てはまることですが、着物は値段が高いことから、特に着物を着る機会が少ない方の場合は購入に戸惑ってしまうのではと思われます。

そのような方におすすめなのが着物買取業者から購入することです。着物買取業者は、文字通り着物買取を行っていますが、一方で買い取った着物を自身で販売している場合も多くあります。着物買取業者では仲介費用等が発生しないため、比較的安価に着物を販売しており、お得に購入することができるのです。

カジュアルな着物デートを楽しみたいとお考えの方は、様々な種類のものがある小紋を着物買取業者から購入することを検討してみてはいかがでしょうか。