シーン別の着物

礼装と普段着

成人式に着用した振袖を着物買取で買取ってもらう

着物には第一礼装、準礼装着、外出着、普段着などの格があリます。

第一礼装というのは打掛や本振袖、黒留袖、喪服で、特別な時や公的な儀式の時に着用されます。結婚式の花嫁衣装として、または成人式の時に着用したりします。
準礼装着は色留袖、訪問着、振袖、色無地、江戸小紋の紋付などで、礼装に次ぐもので華やかさがあり、入学式や結婚式の披露宴などに着用される着物です。

付け下げや付け下げ小紋、小紋、紬の訪問着、無地の紬、絞りなどは外出着として、 TPOに応じて着用されます。
紬や絣、ウール、木綿、黄八丈、浴衣などは普段着として着用され、最高で高価なものであっても結婚式やお茶会などには適さない着物です。

さてこのような着物が自宅で眠っているという場合には着物買取りで買取ってもらうとよいでしょう。

着物が嫌いではない方なら、準礼装着や外出着などはまた着用する機会もあるかもしれませんが、着物を着ることがあまり得意ではなかったり、成人式の時に振袖を購入し、成人式と兄弟の結婚式に袖を通しただけで、その後は自分も結婚したし子どもも男の子でもう袖を通すことはないという場合には、着物買取りに相談してみましょう。

特に第一礼装の着物の場合は高く買い取ってもらえる可能性があります。
着物を熟知している着物買取業者の専門スタッフに査定してもらうことができます。

中でも伝統工芸の紬であったり証紙があるもの、新品か未使用または着用回数が少ないもの、保存状態が良いもの、サイズが大きめで仕立て直しができるようなもの、希少価値が高く人間国宝のような有名作家によって作られたものは高価買取をしてもらうことが期待できます。

せっかくの着物が着用されることなく、箪笥の中で眠っているということはとてももったいないことです。

最近では着物離れで洋服ばかり着ている時代ですが、若い女性でも着物に興味がある人はいて、新品で購入することは費用の面で難しいけれど、中古でもよいからいい着物を購入して自分で着てみたいということで着物を探している人もいるのです。

そのような人に着てもらうことで着物も再度輝くことができるのです。
そしてその橋渡しをしてもらえるのが着物買取り業者です。

ですので箪笥で眠っているだけの着物があるなら、着物買取に買い取ってもらうことが着物のためでもあり、自分にとっても思わぬ収入となってうれしいことなのです。
また複数の着物買取業者に査定をしてもらうことも、少しでも高く買い取ってもらうためのコツといえるでしょう。