シーン別の着物

礼装と普段着

パーティーに着ていける「付下げ」の着物買取での価値

着物買取の買い取り対象は基本的に「格の高い着物」ということになります。
特に格式の高い訪問着や振り袖、留袖などは着物買取でも特に好まれて買い取られることとなりますが、そうした着物よりもやや格が軽い存在となるのが「付下げ」です。ではこの着物は着物買取において、どのような評価を受けるのでしょうか。

まず基本的なことから確認していくと、付下げは「肩を中心として、模様が前後とも上を向くように柄付けされている」という特徴があります。
とは言っても初心者には中々見分けがつきづらいのですが、もっと簡単に見分ける方法としては「柄が縫い目にまたがっているかどうか」で判断する方法があります。

訪問着は事前に着物の形を作ってから、そこに図柄を配置していくこととなりますから、イメージとしては「一枚の紙の上に絵を描く」という形になります。
そのため訪問着の場合は柄が縫い目にまたがることが多いのに対し、この着物の場合は「反物の状態で柄を付けてから、それを着物として仕立てる」という技法が取られることとなります。
そうした特徴があるため、縫い目にまたがるような形にしてしまうと絵柄が合わなくなってしまい、美しさを損ねてしまうのです。
そんな理由があるので、豪奢な絵羽付け模様というよりは上品でシンプルな図柄が多いのです。

さて、ではこの着物はどういった時に着用するのかというと、最も多いのが「パーティー」や「観劇」といったようなタイミングです。
こうしたタイミングだと訪問着を着ていくと大仰過ぎるということになってしまうため、若干格の軽いこの着物が好まれることになるのです。

また着用していけるタイミングが比較的多いということも特徴の一つで、パーティーや観劇だけではなく、結婚式に参列者として参加する場合も、しっかりとした袋帯を併せれば失礼には当たらないとされています。

あくまでも着物自体としてはセミフォーマルであるため、着物のことをよく知らないというような場合には中振袖や訪問着を着た方が良いということになりますが、しっかりと帯とのコーディネートが出来るのであれば問題はありません。

ではこの着物は着物買取でどう評価されるのかというと、基本的には「訪問着などの礼装と比べると、価格は落ちることが多い」ということになります。
しかしながら帯を合わせれば、さまざまな場所に着用していくことができるということから需要は高く、着物買取で買取が断られるというようなことはほとんどありません。

ただ付下げは価値の判断をかなり慎重に行わないと、適切な価値判断が出来ないことがありますから、着物買取を依頼する際には反物などについてきた「証紙」を必ず用意しておくようにしましょう。
証紙の有無で買取価格が数千円ほど変わるということもありますから、新しく仕立てた際には紛失しないよう、しっかりと保管するように心がけてください。